Specializing in Lexington Real Estate

ドキドキ初めてのReal Estate挑戦!攻略ポイント

海外不動産事情をよく知ろう!

海外不動産サイト

海外では不動産を「Real Estate」といいます。業界では確たる地位を築いている部門ですよね。

海外へ移住することEmigrationを考えた場合、必要不可欠なものが住宅です。しかし、最も多い トラブルが不動産に起因するものである事実もあり、海外移住資金The emigration capitalの大半を 使って購入した不動産が、騙し取られるといったケースもあるほどです。 ただし、こうした海外の不動産における問題のほとんどが不動産の基礎知識Basic knowledge of real estate が不足していることが原因であり、物価の安い国々では外国人に土地を買い占められる危険性がある ため日本と違って、外国人名義Foreigner nameでの土地取得ができないということもあります。 こうした無知Ignoranceにつけこまれて業者や現地の人の誘いを疑いもなく信じてしまうと怪しい話を 信じて騙されるというわけです。日本にいる感覚で、「安いから」と安易にお金を払ってしまうのだけは 避け、勉強してから信頼できる手続き業者や不動産業者を選別しましょう。

賃貸不動産Leasehold property

賃貸物Leasehold property件に住む場合、外国人だからといって特に制限をうけることはありません。 ただし、賃貸では外国人だということで家賃をふっかけられて割高な外国人料金が設定されていたりする ケースが多いです。特に日本人向け業者の中には、高額な物件を中心に扱っているため家賃の妥当性は甚だ 怪しいものばかりです。 賃貸物件を借りる場合は、その物件の賃料が妥当であるかどうか、周辺の物件賃料を自ら調べるなど して、適正相場を把握する必要があります。また急に値上げを要求してくる大家さんもいたりするため 契約書Contractを熟読し、不利な部分があれば内容を改訂してもらう必要があります。

Condominium(分譲マンション・アパート)などの共同住宅

Condominium(分譲マンション・アパート)などの共同住宅は、国を問わずに外国人・ 個人名義での取得ができます。 一般住宅よりコンドミニアムの方が価格が高いのが普通。一般的な土地付住宅の何倍もの価格と なっています。現地のWell-to-do populationや外国人Foreignerを対象にしている物件は、より 割高設定になっている場合もあります。(高価な建築資材や先進建築技術が必要となるため)

[PR]